こんにちは!

 

ドイツで医師にも指導したことのある

妊娠コンサルの常川です。

 

今日も、あなたが「子供を迎える」

ためのヒントをお伝えしていきますね。

 

さて、今日は40歳以上など、

少し遅めの出産(高齢出産)を考えている人や、

 

10歳以上など、

自分よりもかなり年上の夫を持つ人に朗報です^^

 

いきなりですが、あなたは、

「エピジェネティクス」という言葉を

聞いたことがありますか?

 

おそらく、初耳だと思います。

 

簡単に説明すると、

今までは、DNA(遺伝子)が

すべてを決める。

 

そして、DNAは生まれてから死ぬまで変わらない。

 

というのが通説でした。

 

でも、最新の研究で、

じつは、DNA(遺伝子)は、

その人を取り巻く環境によって変化する。

 

ということが、明らかになったのです。

 

つまり、妊娠中の環境によって

胎児のDNAが変化するということなんです。

 

 

そこで、

面白いデータを見つけたのでシェアしますね。

 

アメリカのノースウエスト大学の研究によると

高齢の父親から産まれてきた方が、

生まれてくる子も、その子から生まれる子(孫)も

テロメアが長くなるという結果がでたそうです。

 

テロメアというのは、

細胞の賞味期限みたいなものなのですが・・・

 

簡単にいうと、

テロメアが長い=老化しにくいということです。

 

おそらく、

高齢の両親から産まれたことで、

子供自身も高齢でも出産ができるように、

DNA(遺伝子)を環境にあわせて、

調整したのでしょう。

 

なんと、

高齢の両親から誕生した子は、

長寿遺伝子を獲得していたということなんですね^^

 

すごいですよね~

 

こういう環境要因が、

DNA(遺伝子)をも変えてしまう

ということが最新の研究では

明らかになりつつあるので、

 

高齢出産はデメリットばかりではなく、

大きなメリットもあるということが、

わかってきたのです。

 

つまり、

デメリットがあるということは、

その分メリットもあるということです。

 

実際に、

高齢出産のご夫婦に育てられたお子さんは、

比較的、健康で発達も良好だ

ということが分かっているそうです。

(参考・卵子老化の真実)

 

もし、あなたが、

デメリットばかりをみて、

不安を感じていたのであれば・・・

 

ちょっと視点を変えて、

メリットにも同じくらい注目してみるのも

いいかもしれませんね。

 

あと最後に…

 

無料のメール講座が、

あなたが最短で不妊をやめるための

ヒントになるかもしれません。

 

下記からワンクリックで、

通常有料のセッションでしか公開していない

貴重な情報をゲットしてくださいね。

 

期間限定なので、この機会を逃すと大きな損失かもしれませんよ^^

 

▽こちらをクリックして無料で受け取れます▽